沓澤(くつざわ)敬のお店の場所や予約方法は?価格もチェック!

こんにちは、ぺんぎんです。

最近調味料にこってます。

カレールーなんかもこりだしちゃって、
結構お金かかって大変です(´・ω・`)

塩とかそういうものも
天然成分だったり
硫黄が含まれているものだったり

そういうものを選ぶって
なんか贅沢している気分になるんです笑

年をとって物欲が減った分、
料理などに興味がいったように思いますね〜

おいしいもんを食べたいヽ(´エ`)ノ

そう思っていた矢先、
クロスロードで連日人気の料理店の料理人が
取り上げられるそうではないですか・・・!

放送が目前ですが、
料理人の 沓澤敬さんについて紹介していきます。

スポンサーリンク

目次

沓澤(くつざわ)敬さんについて!

今回クロスロードで紹介される
沓澤(くつざわ)敬さん。

山奥にある料理ということで、
あんまり簡単には訪れられなさそうな場所に
レストランがあります。

沓澤(くつざわ)敬さんのプロフィール

名前:沓澤(くつざわ)敬さん
年齢:46歳

漢字が難しくて読めなかったのですが
調べてみた所、沓澤(くつざわ)さんでした。

46歳ということで、
失礼ながら予想以上にお若かったです。

てっきり50歳越えてらっしゃるかな?
と思ったので・・・ヽ(´エ`)ノ

沓澤さんは、最初から料理人だったわけではなく、
もともとは音大出で声楽をメインに学ばれていたそう。

音大出の料理人ということで
異色の経歴とも感じますが

筆者としては
音楽も料理も通じるところがあるので
なんとなく腑に落ちるところがありました。

音楽って、
とくに沓沢さんは声楽だったそうなので
もろにそうだと思うんですが

感情
ってものが伝わりやすいものだと思います。

自分の心が澄んでいないと
相手が感動するものって生みにくいと思いませんか?

怒っているときは怒った感情がのってしまうし、
逆に幸せなときは幸せの感情がのりますよね。

沓沢さんの場合、
もともとが表現者だったので

表現する先が声楽から
料理に変わっただけなんじゃないかなあと。

きっと沓澤さんご自身がお持ちの
心意気やポリシーなんかは
昔から変わられていないんじゃないかなあ
なんて・・・・そんな気がしました(^^)

スポンサーリンク


沓澤(くつざわ)敬のお店の場所や予約方法は?

沓澤さんのお店は、
三重県美杉町にあります。

■日本料理店「朔」
三重県津市美杉町八知3541

地図を見れば一目瞭然ですが・・・
[voice icon=”http://zoechi.com/wp-content/uploads/2015/10/bsGAK_arupakapunpun.jpg” name=”アルバカさん” type=”l”]めっちゃ山奥にありますやん!!!![/voice]

私は名古屋が地元なので、
見えなら近いじゃん!って思ったんですが・・・、

予想以上に距離がありました(´・ω・`)

約2時間・・・。

周りには自然がいっぱいのところなので
目的としてはここの料理のみですよね。

完全予約制のこのお店ですが、
なんとなんとなんと・・
予約が連日いっぱいなんだとか。

クロスロードで取り上げられちゃったら
さらに人気があがっちゃいそうですよね〜。

筆者もこういう隠れ家的なレストランで、
1つだけお気に入りがあります。

そこも予約が全然とれなくって
電話だとキャンセル待ちの席しかないので
初めて行くまでに半年かかったお店でした。

毎回行く度にその場で予約!なんですが、
たいてい4ヶ月先しかとれません(´・ω・`)

おそらく沓澤さんのお店も
同じような予約状況なんかじゃないかなと思います。

お世辞でも場所がいいとはいえないところなので
リピーターのお客さん(ファン)が多いお店なのでしょう。

しかも席数が 6席・・・!
これはこれは・・・。

そして見てみるかぎり
ランチ営業のみですね。

予約方法はこちらをチェック!

関連ランキング:懐石・会席料理 | 伊勢八知駅

予算も・・・

[昼]¥3,000~¥3,999

[voice icon=”http://zoechi.com/wp-content/uploads/2015/10/bsGAK_arupakapunpun.jpg” name=”アルバカさん” type=”l”]なんてこったあああああああ[/voice]

予想以上に安すぎてびっくりしちゃいました。

前述した私が好きなレストランは
大人二人で3万円は軽くいきますからね・・・。

予約がたくさん入る理由は
お金の問題だけではないと思いますが
本当に利益目的ではなくて
良いものを届けたい
という思いが伝わってくる価格設定です。

もちろん三重という土地柄などもあるとは思いますが、
価値を感じる人は喜んでお金を払うものが料理なので
もう少し高くても満足してもらえると思うんですけどね(´・ω・`)

ですが、定休日をみてちょっと
このスタイルにも納得しました。

定休日は・・・

水曜日・木曜日・金曜日

と。

食材の調達など
もろもろの理由はあると思いますが

おそらく料理の質や提供できるサービス、
ご家族のことを考えての定休日なのでしょう。

沓澤さんのマイペースさが伝わってきました★

まとめ

地産地消が騒がれて数年が経ちましたが、
料理の本質は地産地消なのかなあと

大人になるに連れて
私自身も舌も肥えてきたこともあってw
わかるようになってきました。

やっぱり地元の野菜や料理が
一番おいしいですからね〜。

味がぜんぜんちがいます。

沓澤さんの場合、
畑も近くにおありのようなので

取り立ての野菜をふるまってくれる
本当の意味での地産地消だなあと。

名古屋に帰省する際に
一度訪れてみたいです♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

目次
閉じる