手作り虫除けスプレーの効果的な精油は?分量や容器の選び方も!


夏本番を迎えると、暑さと共に気になってくるのが「プ〜ン」という音とともに寄ってくる蚊。暑い中で耳障りな音を聞くだけで痒くなってきますよね・・・

市販の虫除けスプレーだと肌に合わず、最近では手作りの虫除けスプレーを作る方が増えてきています。そこで今回は、効果のある虫除けスプレーの作り方などをまとめてみました。

スポンサーリンク


手作り虫除けスプレーに必要なものは?

虫除けスプレーを手作りで作る際に、まず必要なものですが

■精油(アロマオイル)
■無水エタノール
■無整水
■スプレー容器

になります。

無水エタノールや無整水はドラッグストアなどでも購入できます。虫除けスプレーで使う分量は少量になりますので、一度に使い切ることが難しいですよね・・・ですので、なるべく少量のものを購入するようにしましょう。

虫除けに効果のある精油は?

虫除けに効果のある精油(アロマオイル)ですが

シトロネラ
ユーカリ・シトリオドラ
ゼラニウム
レモングラス

が代表的なものになります。

 

シトロネラ・・・レモンのような強い香りが特徴。その香りに昆虫忌避作用があり、特に蚊に対しては非常に威力を発揮することで知られる。

ユーカリ・シトリオドラ・・・別名レモンユーカリ。スパイシーな香りにシトラスのような柑橘系の香りが特徴。昆虫忌避作用はシトロネラよりも効果が高い。

ゼラニウム・・・ローズのような香りにミントが合わさった爽やかな香りが特徴。虫除けの効果とは別に、不安定な気持ちや気分の落ち込みを和らげ、心を明るく高揚させる働きがある。

レモングラス・・・レモンよりも強い香りで、少し甘みがあるのが特徴。タバコやペットの悪臭にも効果を発揮。

 

虫除けの効果以外にも、脱臭効果や気持ちを安定させてくれたりと、様々なところで使えるのが精油の優れた点です。自分の好みに合ったものを常に手元に置いておくと、それだけで気持ちが落ち着きそうですね。

 

その他、赤ちゃんにも使える精油として

ハッカ油

があります。

ハッカ油は主成分のメントールに昆虫忌避作用があり、「スーッとした香り」を嗅ぐと虫が寄ってこないだけでなく、ちょっと涼しい気持ちになります。

赤ちゃんに使う場合は、刺激が強い場合がありますので量を減らしてお使いください。

 

手作り虫除けスプレーの材料の分量は?

手作りの虫除けスプレーの基本的な分量ですが

(50mlのスプレー容器の場合)

無整水・・・45ml
無水エタノール・・・5ml
精油(お好みのもの)・・・10滴ほど垂らす

容器の分量、またどのくらい作るのかによって材料の分量も違ってきます。また、ハッカ油を入れる際はメントールを入れすぎると肌に負担がかかるので、少しずつ調整しながら調合するのがおすすめです。

 

ネットを見ていると「無水エタノールと消毒用エタノールそれぞれで作ると違いはあるのか?」という質問が出ていましたが

無水エタノールと消毒エタノールは

エタノールの濃度が違います。

 

無水エタノール・・・濃度100%

消毒用エタノール・・・濃度70%

 

手作り虫除けスプレーを作る時はエタノールを薄めて使いますので、基本的には無水エタノールでも消毒用エタノールでもどちらでも大丈夫です。

消毒用エタノールを使う場合は、

50mlの容器を使う場合

無整水・・・35ml
消毒用エタノール・・・15ml
精油・・・10滴ほど

になります。

消毒用エタノールは服のシミ落としなどにも使えますので、余っても他の用途があるのは便利ですね!

 

手作り虫除けスプレーに最適な容器は?

手作りの虫除けスプレーに最適な容器ですが

・ポリプロピレン


・ポリエチレン


になります。

普通のプラスチックだと 溶けてしまう可能性があるので、容器を購入する際は表示マークを確認してください。

ちなみに、ガラス製の容器は問題なく使用できますが、落として割れてしまう危険がありますので、お子さん向けの虫除けスプレーを作る際はポリプロピレンやポリエチレンが良いですね。

 

手作り虫除けスプレーの注意点は?

手作りした虫除けスプレーを使用する際の注意点がいくつかあります。

■直接肌につけない

手作りの虫除けスプレーは、肌に優しい材料を使ってはいるものの、安全性は保証されていません。使用する時は直接肌には付けず、服の上からスプレーをしてください。服の素材によっては変色することもありますので、使用前は目立たない所にスプレーをしてからにしてください。

■1、2時間おきにスプレーする

手作りの虫除けスプレーは天然の香りで虫を除けます。そのため、効果が切れてしまうと虫が寄ってきてしまいます。1、2時間おきにスプレーをして効果が続くようにしてください。

■2週間以内に使い切る

手作りの虫除けスプレーは防腐剤などは一切入っていません。使うたびに雑菌が入ってしまう可能性もあるので、できるだけ早めに、2週間以内には使い切るようにしましょう。

■小さい子供につける時は布にスプレーをする

小さいお子さんは肌が特に敏感です。お子さんにつける時は布にスプレーをして使うようにしてください。

スポンサーリンク



まとめ

手作りの虫除けスプレーについてまとめてきましたが、自分で作ることで安心して使うことができますね。ぜひ自分好みの虫除けスプレーを作って、暑い夏を快適に過ごしてくださいね!

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.