東京オリンピック2021開催中の首都高交通規制と1,000円加算の時間帯

東京オリンピック2021年がいよいよ開催されます!この記事ではオリンピック7月19日(月)〜8月9日(月・祝)、パラリンピック8月24日(火)〜9月5日(日)の期間中に首都高の規制状況や1,000円加算される時間帯(6時〜22時などをまとめています。首都高を使う方向けに、

  • 開催期間中の首都高の交通規制
  • 開催期間中は首都高使えるの
  • 開催期間中の首都高の金額は
  • まとめ

についてお伝えします!

目次

東京オリンピック2021開催中の首都高の交通規制はどうなっているの

東京オリンピック・パラリンピック開催期間中は日々の交通量に加えて大会関係車両が増えます。ただでさえ交通量の多い首都高ですが、開催期間中は大会関係者の安全と円滑な輸送と物流などの経済活動を両立させるために交通対策が行われます。

 

首都高の交通規制の期間

首都高の規制期間 日 程
オリンピック大会 2021年7月19日(月)〜8月9日(月・祝)
パラリンピック大会 2021年8月24日(火)〜9月5日(日)

 

 

東京オリンピック2021開催中は首都高使えるの

結論から言うと使えます。しかし、競技の開催内容によって規制内容や規制されている箇所も変わります。交通量によっても変わるのでリアルタイムの情報も確認しましょう。

首都高3つの交通制限

引用元:首都高速道路

 

交通規制の予定箇所はどこ

以下のリンク先では規制されている箇所がリアルタイムで見ることができます。

交通規制予定箇所 こちら
開閉会の際の交通規制予定箇所 こちら
競技等の実施に伴う交通規制予定箇所 こちら

東京オリンピック2021開催中の首都高の料金は

オリンピック開催中は日中の交通量が増えることが想定されるため、料金施策が実施されています。

時間帯の料金は

渋滞が予想される時間帯は1,000円上乗せされて、逆に交通量の少ない時間帯は半額になるなどの条件が設けられています。オリンピック開催期間中は時間帯などをうまく外せば、逆にお得にお出かけできたりしますので、上手に活用していくのもいいですね。

時 間 料 金
0〜4時 通常料金の5割引
4〜6時 通常料金
6〜22時 通常料金の1,000円上乗せ
22〜0時 通常料金

料金適用の車両は

ETCを搭載している車で、軽・二輪・普通車の自家用車

料金適用には、ETC搭載や車種などの条件等が設けられています。ETCを搭載していない車は割引の対象にはならないようなので注意しましょう!特に気をつけたいポイントは、現金で料金を支払う車は割引時間帯でも割引はされないのに、1,000円上乗せの時間帯には上乗せ金額を支払わなければなりません!

料金上乗せ対象エリア

【ETC車、対象エリアマップ】

引用元:首都高速道路

【現金車、対象エリアマップ】

引用元:首都高速道路

まとめ

いよいよ始まる東京オリンピック2021。開催期間中は東京都内や近郊の方は、生活する中でたくさんの制限が出てきて不自由な思いをすることもありますよね。そしてせっかく東京で開催されるオリンピックではありますが、残念ながら会場で観戦することもできません。せめてテレビで思いっきり応援しながら楽しみたいですね!

今回のオリンピックは連休もあって、競技時間のテレビ放送の時差もないので、見たい競技以外の時は首都高の割引を利用して郊外にお出かけするのもいいですよね。通常のオリンピックとは全く異なる開催となりますが、歴史に残る東京オリンピックになるのではないかと思います!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

目次
閉じる