ガキの使い笑ってはいけない2019→2020は放送されない?吉本問題が原因なの?


吉本興業所属の芸人による闇営業問題。宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見に続き、吉本興業の岡本社長の会見も行われましたが、騒動は鎮まる様子はありません。年末の人気番組「ガキの使い笑ってはいけない」が、2019年は放送されないのでは?との声も多く上がっていますので、様々検証していきます。

スポンサーリンク


ガキの使い笑ってはいけない2019→2020は放送されない?

吉本の闇営業、そして会見騒動によって、年末の人気番組「ガキの使い笑ってはいけない」の放送自体も危ぶまれるのではという声も多く上がっていますが、「笑ってはいけない」の放送については、現時点では 未定となっています。

ツイッターでも、「今年はガキ使はないだろう」「今年放送しても笑えない」など、様々な意見が飛び出しています。

 


 


 


ガキ使では、元ダウンタウンのマネージャーで、現在は吉本興業の代表取締役副社長を務める藤原寛氏が出演していますが、岡本社長の会見が物議を醸し出している状態ですので、万が一放送されるとしても会社役員の藤原氏の出演は見送られるのではないでしょうか。

 

ガキ使が放送されない原因は吉本問題のせい?

現在取り雑されている吉本問題ですが

・上層部の辞任はないのか
・宮迫さんと田村亮さんの処分撤回の理由が不明
・そもそも嘘をついていた二人が悪いのではないか

など、ネットでも色々と取りざたされています。

吉本問題とガキ使の放送そのものの因果関係は、また別の問題であるようにも感じるのですが、岡本社長について所属芸人からも様々声が上がっています。

 


会見を受けてのダウンタウン松本さんのツイートには「プロ根性で乗り越えましょう」と端的に述べられています。プロ根性でガキ使の放送に向かうのかは現時点では不明ですが、もし放送されるとして内容等大きく変更されるのではないでしょうか。

今回の岡本社長の会見に向けて、松本さんの動きが大きかった様子はメディアでも取り上げられていますが、会見後に松本さんがどのように動くかにも注目が集まりますね。

 


朝の番組「スッキリ」のMC加藤浩次さん。上層部の辞任がなければ会社を辞める!と豪語していた加藤さんの今後の動向も気になりますね。

 

ガキ使2019が放送されるとしたらロケはいつ?

ガキ使2019が放送されるとしたら、ロケの時期は

11月上旬頃

になると見られています。

 

今起こっている吉本問題が11月頃まで引っ張るかどうかは不明ですが、毎年恒例ともなっていたガキ使の存続は早めに結論が出てもおかしくないかなと思います。

その理由として、2014年に「笑ってはいけない」シリーズがBPOの審議対象となったことが明らかになり、その際に松本さんが「これを機に番組を辞めたい」と本音を漏らしていたことがニュース記事になりました。

毎年の放送前に行われる制作発表の記者会見でも、松本さんは「もうやらなくてもいいのでは」と冗談か本音か分からないようにコメントをされていました。吉本問題が勃発している今、少なくとも松本さんの中ではガキ使をやるという決断はないのかなと予想しています。

また、他の浜田さん、遠藤さん、田中さん、山崎さんの動向については、現時点ではメディア等の発信等はありませんが、松本さんがやりたくないと言えば、ガキ使は今年度以降放送される可能性はないのかなと思います。

スポンサーリンク



まとめ

ガキ使2019→2020の放送についてまとめてきましたが、年末の人気番組がこのまま無くなってしまうとしたら悲しいことではありますね。ですが、番組をやっても「笑ってもらえない」のであれば、ガキ使にこだわらずに他の方法で私たちを笑わせて欲しいと思います。

引き続き、ガキ使の放送については動向を追っていきます。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.