【鬼滅の刃 最新136話『動く』ネタバレ〜風柱の笑撃的事実が発覚!そしていよいよ無惨が登場!】


前話で岩柱の悲鳴嶼との修行を終え一段落。炭治郎と玄弥と伊之助で食事をしながら玄弥が悲鳴嶼について語り始める。

『善逸の異変』

玄弥が鬼を喰った事に感づき弟子にしてくれたようで、更には体調をも気遣い胡蝶に診てもらうよ紹介してくれたようです。
胡蝶には会う度に説教されるようです。
鬼喰いであることを炭治郎にも色々言われるかもと心配していたようだか、炭治郎は特に言ったりはしなかったそうです。

そんな良い話ムードの中岩柱の試練の話しになると、先程まで黙々と食事をしていた伊之助が呼吸を使えないと言う玄弥に対して、お前呼吸使えねぇのか雑魚が!!と、取っ組み合いになる。
しかし食事をしながら余裕で伊之助を止める炭治郎。

シーンは変わり善逸の修行へ。大きな岩の上に座り背中を向ける善逸に炭治郎が心配した様子で岩動いたか?と聞くも、いつもと違う雰囲気の善逸は、いやまだだ。と、答える。
次の試練に向かうという炭治郎にも、そうか良かったな。頑張れよ。俺は、やるべきこと、やらなくちゃあけないことがはっきりしただけだ。と、意味深な台詞。
何かあったのか?俺にできることがあれば何でも。と、心配する炭治郎にも、炭治郎は炭治郎のやるべきことをやれ。
それでもおろおろと心配する炭治郎に、お前はいい奴だよな、ありがとう。だけど、これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ。と、頭から血を流すも真っ直ぐ前を向き強い目をする善逸のアップになる。

『柱同士の対決』

更にシーンは変わり義勇の元に着く炭治郎だが、着いてそうそう義勇と風柱の実弥が向かい合い対決し始めた。
まずは、風柱の実弥が風の呼吸壱ノ型 塵旋風・削ぎで激しい攻撃。
義勇は木刀で攻撃を受けるも、一撃でヒビが入る。
それを見ていた炭治郎はとてつもなく速い攻防だか、でも見える!!動きを追えるぞ!!!とビックリした様子。
続いて義勇が水の呼吸 肆ノ型・打ち潮で応戦。
続いて風の呼吸 伍ノ型・木枯らし颪と水の呼吸 漆ノ型・雫波紋突きで両者の木刀が折れた。
それでもまだ辞めず、よォしじゃあ次は素手で殺し合うかァ!煽る実弥を止めに待った待った!!と、慌てて止めに入る炭治郎。

『おはぎが好物』

ちょっと待って下さい!殺し合ったらいけませんよ!と、炭治郎だが、先刻から盗み見しやがってこなカスがァと炭治郎が見ていた事は気づいていた様子。
そこで何故か炭治郎がおはぎな取り合いですか?とすっとんきょうな質問をする。
当然キレる実弥を前に炭治郎はマジメに答える。
どうやら風柱の稽古の時からおはぎの匂いがしていた為好物なんだろうと知っていた炭治郎。
そんな事を言われ調子の狂う実弥は炭治郎を一蹴してその場を去る。

実弥が去った後気を失っていた炭治郎の側にいた義勇が、実は柱同士の稽古だったことを告げる。
義勇は実弥の好物がわかって良かった。今度からは懐におはぎを忍ばせておいて、実弥に会うときにあげようと思う。それはいいですね!と満面の笑み応援ふる炭治郎だが、誰か止めてあげてください、喧嘩になるからと、ナレーションでツッコミが入る。

『無惨登場』

一方一体何なんだアイツはと怒りながら去っていく実弥が草むらからカサッと何かに気づき、グシャっと握り潰す。その手には肆の文字が入った鬼の目が。
その頃寝たきりの産屋敷の前に鬼舞辻無惨がやってきた。不敵な笑みを浮かべ、何とも醜悪な姿だな産屋敷。というところで終了です。

『今回の感想』

今回はシリアスとほのぼのとしたシーンが混じった鬼滅の刃独特の回だったかと思います。
シリアスなシーンで言えば善逸がめちゃくちゃ気になる。普段は軽いキャラ設定だが今回は全く違い今後がかなり気になります。
また、キレキャラである風柱の実弥がおはぎが好きという笑撃的事実が発覚。炭治郎と義勇のやり取りがほのぼの過ぎて好きすぎます。
そして最後はいよいよ無惨が登場。来週から更に目が離せません!

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.