スーツ(月9ドラマ)6話の感想ネタバレ!見逃し配信や無料動画もチェック


織田裕二さん主演のドラマ 「スーツ」6話が放送されました!
今回はなんと、甲斐と蟹江がチームを組むというあり得ない展開にドキドキしました。
それだけ難しい案件だということが予想できます。
しかし、想像を裏切らず、反発しあい、争いの絶えない始まりでしたが、案件が進むにつれて2人の関係にも変化が!
蟹江も大活躍した今回のお話もおもしろかったです。

この記事では、スーツ6話のあらすじや感想についてまとめていきます。
見逃し配信や無料動画についても調べています。

スーツ(月9ドラマ)6話のあらすじのネタバレ

幸村(鈴木保奈美)は、甲斐(織田裕二)に内海財団の会長である内海(ジュディオング)を紹介します。
内海は、轟フィナンシャルに20億円の投資をしたが、その計画が頓挫したため資金を回収したいといいます。
甲斐は難色を示しますが、その甲斐に幸村は蟹江(小手伸也)とチームを組んで対処するように指示します。

蟹江は、甲斐とチームを組んだからと言って、大輔(中島裕翔)に仕事の指示を出そうとします。
しかし、そこに甲斐が現れ、別の案件に当たってほしいと大輔を連れ出します。

甲斐に相談にきたのは、アテナリゾートの藤原(大澄賢也)でした。
藤原の娘で大学院生である華名(佐久間由衣)がアテナリゾートの社員証を偽造したというのです。

甲斐が藤原や大輔と話をしている間、蟹江は轟フィナンシャルの経理部長である小堺(春海四方)と弁護士の毛利(小松和重)、アソシエイト弁護士の米倉(宮田佳典)と勝手に話をすすめていました。
小堺が香港に口座を作り3000万円を入金していたことを掴んでいた蟹江は、小堺を厳しく追及します。
小堺は苦しみだし、水を飲ませてほしいと要求しますが、蟹江は 仮病だと決めつけて、追及の手をゆるめません。

甲斐が、華名の件を大輔に指示をしてオフィスを出ると、救急隊がきていてファームが騒がしい様子です。
何があったのかと秘書の玉井(中村アン)に尋ねると、玉井はカニのポーズをして蟹江が原因であることを知らせます。

甲斐が蟹江を探し出すと、蟹江はどうせ仮病だと言っています。
そんな蟹江に、甲斐は救急隊に運ばれている途中、ロビーで小堺が亡くなったことを伝えます。

小堺が亡くなったのは、持病の発作が原因であり、蟹江に責任はないと幸村は伝えます。
しかし、甲斐は、自分が行くまで待っていろと言ったはずだと怒ります。
待たせて焦らせる作戦だった、と。
金融犯罪が得意な蟹江は、小堺が黒である自信があったため甲斐を待つ必要はなかったと反論します。
その結果、重要証人がいなくなってしまったと甲斐は言います。
幸村は、蟹江に席を外すように促します。
甲斐と2人になった幸村は、蟹江のことも尊重するように伝えます。
甲斐は、自分1人の方がなんとかなったのにとつぶやきますが、幸村は
「なんとかなるなら2人を組ませていない」
と声を荒げます。

華名の研究室を訪ねた大輔は、父親の会社から1億円を盗んだことは犯罪だと話をします。
そんな大輔に、華名は最初に罪を犯したのは藤原の方だと反論します。
小さな島に大きなリゾートホテルを建てて、その環境を破壊していると言い、大輔を追い出します。

ファームに轟フィナンシャルの社長と弁護士が訪ねてきます。
そして、内部調査の結果、亡くなった小堺経理部長がすべてやったことで、社長の自分もだまされていたと3000万円の和解を提案してきます。
破産の申し立て予定だが、3000万円ならすぐに用意するというのです。
しかし、甲斐は小堺の口座にあった金は小堺の妻が株で儲けたものであったことを掴んでいました。
そのため、亡くなった人に罪を着せるような 作り話には乗れないと提案を突っぱねます。

大輔は、華名と藤原を引き合わせていました。
しかし、話し合いは平行線。
最後は言い争いとなり、決裂して華名と藤原は立ち去るのでした。

一方、ファームを訪れた内海は、和解を受け入れたいと申し出てきました。
破産の申し立てをされてしまえば、結局戻ってくるお金が微々たるものならば、今回は高い授業料を払ったと思ってあきらめようかと思う、と。しかし、甲斐と蟹江は
「それはできません!」
と口をそろえます。
2人がそこまで言うなら、と長期化させないことを条件に内海は継続を承諾します。

甲斐は、小堺の葬儀に出向き、小堺の妻と話をします。
そして、轟フィナンシャルは小堺に罪を着せようとしているから、それを止めるためにも社長である轟に関して、小堺がメモなどを残していないかと協力を要請していました。
しかし、その途中で蟹江が花束を持って現れます。
蟹江が名乗ると、小堺の妻の表情が一変します。
苦しむ夫に水も与えず詰問攻めにあったと会社の人間から聞いたと怒り心頭です。
そして、甲斐にも協力ができない旨を言い放ちその場を去っていきました。
甲斐が妻と話をすると言ったのになぜ来たのかと蟹江に尋ねると、蟹江は甲斐に手柄を独り占めされたくないと言います。
しかし蟹江が現れたせいで、妻の協力を得られなくなってしまい、再び大事な証人を失ってしまいました。

蟹江は悔しさをランニングにぶつけて走っていました。
そのとき、轟フィナンシャルのアソシエイト弁護士である米倉をみかけて話しかけます。
そして、詐欺まがいなことをしている会社の側で働いていては将来はないと脅し、轟フィナンシャルの不正の証拠を渡すよう迫ります。

華名は、ファームの入館証を偽造し、大輔のデスクまでやってきました。
そして、大輔が 偽物であることをつかんだと言います。
このことをバラされたくなかったら自分の件から手を引くように言い残し去っていきます。
その様子を、蟹江のアソシエイト弁護士が立ち聞きをしていました。

大輔は甲斐に相談すると、そんなことをしても華名にメリットはないのだから本気にしなくていいとあしらいます。
そして、華名は盗んだ金に手をつけていないし、藤原も華名を訴えようとしていない、そのことから2人は本音では争いたくないと思っているであろうことに目をつけます。
その視点から何か手を考えるよう、甲斐は大輔に指示するのでした。

蟹江は、米倉に轟フィナンシャルの内部情報を持ってこさせていました。
その情報を材料にして、毛利に20億円すべて返すようにと要求します。
しかし、その内部情報は偽の情報だと毛利は主張します。
内部情報を売ろうとしているスパイがいるから犯人捜しのために偽の情報を作っていた、と。
そして、蟹江に言われて情報を渡したと米倉が白状してしまったため、毛利に足元を見られ、和解金を1500万円に値切られてしまいます。

大輔は藤原に会いにいき、親子の間を取り持つために藤原が華名に謝るように伝えます。
しかし藤原はそれを拒否し、娘を訴えると言い出します。
解決の糸口が見えたかと思えたはずが、事態は悪化してしまいそうです。

藤原が華名を訴えると言い出したことを聞いても、甲斐はあの親子がそのようなことになるはずはないと断言します。
そして、母親のことを話題に出すと、大輔は、藤原のオフィスに亡くなった妻とのツーショット写真があったことを思い出します。
甲斐は、自分が藤原と話すと言いますが、大輔は次の手が見えたようで、自ら動き出すのでした。

大輔は、藤原のオフィスに寄り、藤原と亡くなった妻の写真を借りて華名の元に向かいました。
そして、華名が藤原から金を盗んだのは、闘病中の母を放置して島のリゾート開発に没頭していた父が許せなかったからだろうと華名に伝えます。
しかし、そのリゾート開発を望んだのは母だったのです。
その計画開始直後に癌がみつかったため、藤原は何とか妻の存命中にリゾートを完成させようと、不正までして開発を急いでいたのでした。
そして、その事実を華名に話さないのは、華名が母親のことまで憎んでしまわないようにという藤原の心遣いでした。
「憎まれ役は私だけで十分だ。」
その藤原の言葉を大輔から伝え聞いた華名は、父へのわだかまりがほどけたかのように涙を流すのでした。
そして、藤原が出張から戻ったら会いに行ってほしいという大輔の依頼を承諾します。

そんな華名に、大輔はもう一つ頼みがあると言います。

その頼みとは、有能なハッカーである華名に、轟フィナンシャルの社長のクレジットカード情報をハッキングしてもらうことでした。
その情報から、轟の行動範囲が見えてきました。
そして甲斐は、轟フィナンシャルの帳簿をみてほしいと華名に頼みます。
すると華名は、すぐに帳簿にたどり着くのでした。

その内容は、米倉が持ってきた内部情報と一致するものでした。
そのため、甲斐は蟹江を呼びにいきます。
裏帳簿は本物で、偽物だと言ったのは相手方の苦し紛れの嘘だった、と。
金融犯罪に詳しくないから、蟹江の力が必要だと、甲斐は蟹江に伝えるのでした。

甲斐と蟹江と大輔は、協力して膨大な資料から轟フィナンシャルの不正の証拠を探し出そうとします。
そして翌朝、その証拠を手に甲斐と蟹江は、轟フィナンシャルを訪ねます。
そして、内海が投資した金額とほぼ同額がシンガポールの口座に分散して入金されたことを突き付け、轟に 返金を約束させることに成功します。

内海はファームにお礼を伝えにきていました。
幸村はたまたま通りかかった甲斐を呼び寄せるのですが、内海にお礼を言われている姿を目にした蟹江は、甲斐は手柄を独り占めにしたと勘違いします。
そのことで甲斐と蟹江は再び反目するのでした。

幸村は、甲斐と大輔をオフィスに呼びます。
幸村宛に、蟹江のアソシエイト弁護士が匿名で大輔の経歴詐称を告発していたのでした。
2人の目の前で幸村はハーバード大学のサイトにアクセスし、大輔の経歴を確認しようとします。
万事休す、かと思いきや、検索して出てきたのは大輔の写真でした。
幸村は、いたずらだったと結論づけます。

2人きりになった時、甲斐は大輔にどうやったのかと尋ねます。
大輔は、自分じゃない、ハーバードのアーカイブに細工することなどできないと否定します。
しかしそこで2人は気が付くのでした。
大輔の写真を細工したハッカーが、華名であることに。

スーツ(月9ドラマ)6話の感想

まずは、大輔の経歴詐称がバレなくてよかったとホッとすると同時に、ハッカーのおかげでハーバードの情報まで大輔の経歴を裏付けるものに変更されるというびっくりな展開でした。
華名さん大活躍!
そして、華名さんの父親役だった大澄賢也さんも、家族思いの愛情あふれる人物を見事に演じていらっしゃって素敵だなと思いました。

今回の案件で、甲斐と蟹江の関係が改善されるかと思いつつ、最後にはやっぱり反目する2人。
力を合わせて案件に当たる姿も素敵でしたが、2人がぶつからなくなってしまったら、ドラマの見どころも1つ減ってしまうとも言えるかもしれません。
だから、今回の期間限定で力を合わせる2人が見られただけで良かったのかもしれません。

スーツ(月9ドラマ)6話の見逃し配信はどこで観れる?

スーツ(月9ドラマ)6話を見逃してしまったという方は、見逃し配信をチェックしてみてはいかがでしょうか。

方法その1:TVer

配信期間:2018年11月12日(月)放送終了~2018年11月19日(月)19:59

スーツ(月9ドラマ)6話の無料動画もチェック!

見逃し配信期間を過ぎてしまった場合には、無料動画で観る方法もあります。
U-NEXT FOD HULU dTV
×
×
×

9tsuやYoutubeでの配信はあるの?


結論から言うと、9tsuやYoutubeなどの動画は違法アップロードの可能性が高いのでお勧めしません。

※9tsu・パンドラ・デイリーモーションは海外サイトのため、ウイルス感染の報告もあるようです。視聴は自己責任でお願いします。



それぞれのサイトで閲覧できたとしても

  • アダルトな広告
  • 読み込みが遅い
  • 画質が悪い
  • 違法サイトなので気持ち悪い

  • というデメリットがたくさんです^^;


    評判も調べて見たところ、実際にウイルス感染した方もいらっしゃいました。

    まとめ

    甲斐と大輔のコンビに、今回は蟹江も加わってのチーム戦。
    紆余曲折ありながら、最後にはチームで勝利を勝ち取っていた姿に感動しました。

    蟹江先生、気持ち悪いだけの弁護士じゃなかった!
    今回は情熱と優秀さを色濃く感じられて素敵でした。

    次回も楽しみです。

    スポンサーリンク

    こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.