スーツ(月9ドラマ)3話の感想ネタバレ!見逃し配信や無料動画もチェック

織田裕二さん主演の月9ドラマ 「スーツ」3話が放送されました!

 

くまたん
今回の甲斐先生の大逆転はスカッとしたね

ピヨ
蟹江先生のキャラクターは今回で完全に気持ち悪い設定になっちゃったね

甲斐と大輔のコンビもだんだん絆が強くなってきているようにも感じます。
甲斐が追い込まれたかと思いきや、最後にはしっかり逆転しているところがさすがだなと思いました。

この記事では、月9ドラマ「スーツ」3話のあらすじや感想についてまとめていきます。
見逃し配信や、無料動画についても調べています。

スーツ(月9ドラマ)3話のあらすじのネタバレ

甲斐(織田裕二)に、仕事に関わらせてもらえない大輔(中島裕翔)は、仕事が欲しいとパラリーガルの真琴(新木優子)に愚痴をこぼします。
それを聞いていた蟹江(小手伸也)は、仕事があると大輔を連れ出します。

甲斐が顧問弁護士を務める『KAMIYA』の社長が急死してしまいます。
甲斐が『KAMIYA』を訪れると、社長の娘である静佳(東風万智子)と取締役の安樂(久松信美)が葬儀の方法で揉めていました。
臨終にも立ち会った古株の工場長の岡林(きたろう)も不機嫌な様子です。

蟹江に連れ出された大輔は、総合格闘技のスパークリングの相手をさせられていました。
蟹江が大輔をそこに連れてきた理由は、世界中に10億人のユーザーがいる世界的ゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエイターの藤ヶ谷(柳俊太郎)でした。
最近顧問弁護士とケンカをして解任したという噂を聞きつけ、ハーバード大学で同期だった大輔を利用して、自分を売り込もうという魂胆でした。
そして、大輔に藤ヶ谷のスパークリングの相手をさせます。
藤ヶ谷は、その蟹江の魂胆を見抜いていました。
そのため、大輔に売り込みは無駄だと伝えます。
蟹江のような気持ち悪いヤツに大事なリーガル面を任せられない、と。
藤ヶ谷は、蟹江と以前スパークリングをしたことがあり、その時に口に出すのもはばかられるほどの出来事があった様子。
ハーバード大学卒という経歴は自分のものではないので、大輔は焦ります。
しかし、ハーバード大学に合格したと同時にゲームが売れ始めたためほとんど授業に出ることはなかったと藤ヶ谷が話すのを聞いて、大輔は安心します。
そして、藤ヶ谷がしていた『KAMIYA』の時計の話をきっかけにして、2人は 意気投合するのでした。

静佳は、甲斐に安樂が生産拠点を東南アジアに移そうとしていたことを伝えます。
それも、社長の生前から動いていた様子です。
そのことが岡林を不機嫌にさせているようでした。
すべての工程を日本で行い、日本の職人が作るマニュファクチュールが売りである『KAMIYA』を守ることが、社長の理念でした。甲斐は、大輔に『KAMIYA』の情報を頭に入れさせ、新しい社長を会社から追い出すために、翌週の取締役会までに別の候補者を探し出そうとします。
新しい社長と目されている安樂は、会社の経営を立て直すために甲斐が外から連れてきた取締役でした。
しかし、会社の根幹であるマニュファクチュールは守ることが当初の約束だったのです。
『KAMIYA』の愛用者でもある甲斐は、社長の理念を守るために新しく社長になってくれる候補者探しに奔走します。

藤ヶ谷のゲームのヘビーユーザーでもある大輔は、藤ヶ谷に呼び出され、オンラインゲームのパーティーに参加します。
藤ヶ谷に酒を勧められ、大輔は昼間だからと断ろうとしますが、昼間なのは日本だけだと藤ヶ谷に言われ、仕事中であったにも関わらず飲んでしまいます。

ファームに戻ると、幸村(鈴木保奈美)と出くわします。
酔った状態で甲斐の部屋に来た大輔は、甲斐の様子からまだ新しい社長候補がみつかっていないことを察します。
それなら工場長の岡林はどうかと甲斐に提案しますが、反対され、酔っているなら帰れと言われてしまいます。

砂里(今田美桜)は、大輔の祖母・結衣(田島令子)のいる施設で、結衣が大輔のことを弁護士だと思っていることを知ります。
そこで砂里は、大輔に問いただします。
そして、大輔は砂里に本当のことを説明するのでした。

甲斐は、安樂と蟹江の会食に乗り込みます。
安樂は、インドネシアの新工場建設の代理人として蟹江を指名したと言います。
新工場建設を阻止しようとしている甲斐には相談できない、と。
そして甲斐は、大輔に『KAMIYA』の持ち株比率を調べるように指示を出します。

甲斐は、幸村に蟹江を安樂に紹介したことを抗議します。
しかし幸村は、クーデターを起こそうとしている甲斐の方が問題だと指摘します。
新工場の建設は会社の人間が決めることで、甲斐のやっていることは越権行為だと。

『KAMIYA』の株は、54%を静佳が持っていました。
そして、甲斐は岡林に白羽の矢を立てます。
しかし、岡林は簡単にはいい返事をくれません。
それでも何とか説得し、決意表明の文章を覚えさせようとしますが、岡林は覚えられないといいます。
そんな岡林に対して、甲斐は
「いいから覚えろ!」
と強い口調で言い放ち、部屋を出ます。

岡林も怒って帰ろうとしますが、大輔は原稿を破り、岡林が怒るのも無理はないと岡林の肩を持ちます。
そして、岡林が社長になって会社を守ってほしいと力説することで、岡林はもう一度その気になり、自分で原稿を書き始めるのでした。
それも、甲斐の作戦だったようです。

岡林を新しい社長にするために根回しをする甲斐でした。
しかし、取締役会の日、甲斐と大輔と岡林たちが会社に到着すると、すでに安樂派の取締役たちと蟹江がそこにいました。
岡林側についてくれるはずの取締役も座っています。
臨時の取締役会を開き、安樂の社長就任が決まったと言います。
クーデターを計画した甲斐は解任、岡林も解雇だと安樂は言い放ちます。

甲斐は、幸村に再度抗議に向かいます。
幸村は、甲斐の越権行為を阻止するため蟹江を代理人としてつけたのでした。

大輔は、幸村に呼び出されます。
幸村の部屋には、蟹江と藤ヶ谷もいました。
藤ヶ谷は、蟹江に顧問弁護士を、アシスタントを大輔に頼みたいと言うのです。
しかし、藤ヶ谷が蟹江のことを気持ち悪がっていたことを知っていた大輔は、藤ヶ谷を廊下に連れ出し、本当にいいのかと尋ねます。
藤ヶ谷は、あれくらい気持ち悪い弁護士の方が、相手も気持ち悪がって効果的なのではないかと考えたというのです。
その2人の様子を見た甲斐は、ある作戦を思いつきます。

『KAMIYA』での今後の方針についての会議が行われているところへ、甲斐、大輔、岡林たちがやってきます。
甲斐は、筆頭株主である静佳の代理人として来たと説明します。
そして、藤ヶ谷から買収の提案があり、静佳はそれを受けるつもりだと言います。
さらに、『KAMIYA』のコレクターでもある藤ヶ谷は、 マニュファクチュールを継続できる人物を社長にしてほしいとの要望があることを伝えます。
そのため、甲斐は岡林を社長に、と言うのです。
安樂や蟹江は、定款や就業規則に守られている岡林側の主張を排除することはできませんでした。
そして、岡林は、寝ずに覚えた決意表明をそこで発表するのでした。

藤ヶ谷は幸村のオフィスに来て、顧問弁護士は甲斐と大輔に頼みたいと伝えます。
幸村は、蟹江ではだめなのかと尋ねると、藤ヶ谷はその理由を話します。
藤ヶ谷は以前蟹江とスパークリングをしたのですが、その時に蟹江が藤ヶ谷の耳に舌を入れてきたというのです。
それを聞いた幸村は、それ以上蟹江を勧めることはできませんでした。

甲斐は、行きつけのバーに立ち寄ります。
そこで幸村が、1人の男性と話しているのを見かけます。
その姿を見た甲斐は、注文もせず、その場を去るのでした。

スーツ(月9ドラマ)3話の感想

甲斐の信念と幸村の信念がぶつかっていた回だと感じました。
たしかに、どちらの信念も正しいというか、わかるなあと感じました。
でもやはり、亡くなった社長が守ってきた理念を守りたいと奔走する甲斐に肩入れしながら観ていました。
だから、きたろうさん演じる岡林さんが社長に就任することになり、安心しました。

カニこと蟹江が藤ヶ谷に目をつけていたことも、結局買収へとつながっていくところが、うまいなあと思いました。

幸村さんが最後にバーで会っていた男性は誰なのか。

来週の展開も楽しみです。

スーツ(月9ドラマ)3話の見逃し配信はどこで観れる?

スーツ(月9ドラマ)3話を見逃してしまった方も、見逃し配信がありますよ!
ぜひチェックしてみてください。

方法その1:TVer

配信期間:2018年10月22日(月)放送終了~2018年10月29日(月)午後7時59分

スーツ(月9ドラマ)3話の無料動画もチェック!

見逃し配信期間を過ぎてしまった場合には、無料動画もチェックしてみてください。
U-NEXT FOD HULU dTV
×
×

9tsuやYoutubeでの配信はあるの?


結論から言うと、9tsuやYoutubeなどの動画は違法アップロードの可能性が高いのでお勧めしません。

※9tsu・パンドラ・デイリーモーションは海外サイトのため、ウイルス感染の報告もあるようです。視聴は自己責任でお願いします。



それぞれのサイトで閲覧できたとしても

  • アダルトな広告
  • 読み込みが遅い
  • 画質が悪い
  • 違法サイトなので気持ち悪い

  • というデメリットがたくさんです^^;


    評判も調べて見たところ、実際にウイルス感染した方もいらっしゃいました。

    まとめ

    大輔も、ファームの一員となりつつある様子が見えてきたと感じた回でした。
    甲斐との関係も、これからますますコンビとして熟していくのが楽しみです!

    それにしても、カニさん…。
    イヤなヤツどころか、今回は完全に気持ち悪いヤツになっちゃっていました。
    その気持ち悪いヤツをしっかり演じられている小手伸也さんはすごい役者さんだなと思いました。
    これは、これからの甲斐vsカニの対決も楽しみにしつつ、特に甲斐のカニへの報復を楽しみにしたいと思います。

    こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.