昭和元禄落語心中2話の感想ネタバレ!見逃し配信&無料動画情報

NHKのドラマ10で始まったのは 「昭和元禄落語心中」です。
岡田将生さんが、10代から老年までを演じることも話題になっているドラマです。
2話目の今回は、岡田将生さん演じる八代目八雲が弟子入りしたところから戦争が終わるところまでの回想でした。
ミュージカル界のプリンス、山崎育三郎さんが演じる初太郎の登場にも注目です。

この記事では、昭和元禄落語心中2話のあらすじや感想についてまとめていきます。
無料動画についても調べています。

昭和元禄落語心中2話のあらすじのネタバレ

七代目有楽亭八雲(平田満)のところに、2人の内弟子がやってきました。
一人は、踊りの家元の妾の息子であるのちの八代目八雲です。
義理の母に疎まれながらも踊りの稽古に励んでいましたが、足を怪我して踊りを続けられなくなり、縁あって、七代目八雲のところに預けられたのでした。

もう一人は、のちの助六です。
育ての親が落語好きで、多くの落語を覚えている子供でした。
その人が亡くなったため、八代目八雲を訪ねてきたというのです。
八雲は初めは追い返そうとしますが、その熱意と、やってきてからずっと暗い顔をしていたのちの八代目八雲を笑わせることができたことから内弟子とすることを決めたのでした。

その日から同じ部屋で寝食をともにした2人はすぐに意気投合します。

昭和16年、2人は前座名をもらうことになりました。
1人は、菊比古(岡田将生)、もう一人は、初太郎(山崎育三郎)です。
2人はどこまでも対照的だと師匠の八代目八雲は言います。
初太郎の落語は走りすぎ、菊比古の落語は辛気臭いと言います。

初めての高座も対照的です。
緊張で、最後まで話を終わらせるだけで精一杯だった菊比古に対し、大口を叩きつつ客の心をつかんだのが初太郎でした。

菊比古は、昼は学校、夜は寄席という生活でした。
一方初太郎は、一日中落語漬けの日々を過ごしていました。

そのため、2人の力の差は広がる一方でした。

戦時中は、寄席には臨官席というものがあり、時勢的に良くないと判断すると高座の途中で
「中止!」
と叫んでやめさせることなどもあったのでした。
落語のことなどわかりもしない警察官が、偉そうにしていた時代だったのです。

菊比古は、恋人を作りました。
一枚も二枚もうわてに見える初太郎に負けたくないという気持ちでした。
前座の身であるため、師匠には隠れて逢瀬を重ねていましたが、相手の家の都合で離れることになり、すぐに別れることになりましたが。

初太郎とこっそり飲むために酒を手に入れるために台所に下りた菊比古は、師匠たちが話しているのを聞いてしまいます。
戦争がひどくなるにつれて、落語は邪魔なものだという扱いを受けるようになってしまったのです。
落語界は、不謹慎などの理由で、今の時代に合わないとして自粛する話をはなし塚を作って葬りました。

菊比古は、色っぽい話であれば初太郎に勝てると思い練習を重ねてきたのに、それらの話はすべて禁止になってしまったため、もう初太郎に勝つことはできないとやる気をなくしていました。
しかし、初太郎はこんな時代だからこそ、落語を捨てないと意気込んでいます。
菊比古も落語を捨てちゃいけないと、初太郎は菊比古を励ますのでした。

昭和20年、戦争は激しさを増す中、住み込みで働いていた松田(篠井英介)も疎開して、八雲夫妻と菊比古と初太郎だけになってしまいました。
そんな中、八雲は満州で落語をする仕事を受けることにしました。
期間は3ヶ月。
妻は里に返すことにして、菊比古にはそれについて行ってほしいと言います。
初太郎は、満州に連れていくと聞いた菊比古は、自分は捨てられるのかと怒ります。
八雲は部屋を出た菊比古を追いかけ、初太郎はいずれは兵隊に行く身なのだから、それまでは落語をやらせてやりたいと話します。

菊比古は八雲の妻と一緒に疎開し、八雲と初太郎は満州へと行きました。
3ヶ月を過ぎても2人からの便りはなく、そのまま終戦を迎えました。
そして、空襲のない東京に一刻も早く戻りたいと東京の家に戻ると、八雲の屋敷は焼けずに残っており、松田も疎開先から戻ってきていました。

しかし、八雲と初太郎から連絡はありません。
それでも2人が戻ってくることを信じ、菊比古は座敷での仕事などを続けていました。

そしてようやく、寄席が再開されそうだという頃、初太郎と八雲が戻ってきました。
八雲は、満州で地獄を見た初太郎は、また腕を上げたと評します。

初太郎は、菊比古に言います。
着るものも食うものも困る時代だからこそ、人は口先三寸の落語に救いを求めるのだ、と。
初太郎がみつめる未来はいつも明るい。
菊比古は、初太郎がみつめる先を一緒に歩きたいと思うのでした。

2人は、前座から二ツ目となり、八雲の家を出て、貧しい2人暮らしを始めたのでした。
その頃、ある女性との出会いがありました。

その話はまた次回へと続きます。

昭和元禄落語心中2話の感想

岡田将生さん演じる菊比古と、山崎育三郎さん演じる初太郎の対照的な様子が印象的でした。
初太郎がお客さんの心を一瞬にしてつかんでいる様子にまったく不自然さがなく、ミュージカル界のプリンスと言われる山崎育三郎さんが演じているからこそなのかなとも感じました。

ドラマはフィクションかもしれないけれど、戦時中の落語の扱いや、落語に関わる人たちの想いなどは、現実にもあったのだろうと感じることができる回でした。
情熱を持ってやっていることを、時代の流れだからと言って否定されることは、これほどに切なく、悔しいものなのだと。
そんな時代でも、落語を愛し、明るい未来を見つめ続けた初太郎と菊比古の続きの物語を楽しみにしたいと思います。

昭和元禄落語心中2話の見逃し配信や無料動画はどこで観れる?

民放ではないので、TVerでの配信はありません。

NHKオンデマンドに加入すると、有料ですが2話を見ることもできます。
また、2018年10月27日までは無料で1話を観ることができます。
U-NEXT FOD HULU dTV
×
×
×

9tsuやYoutubeでの配信はあるの?


結論から言うと、9tsuやYoutubeなどの動画は違法アップロードの可能性が高いのでお勧めしません。

※9tsu・パンドラ・デイリーモーションは海外サイトのため、ウイルス感染の報告もあるようです。視聴は自己責任でお願いします。



それぞれのサイトで閲覧できたとしても

  • アダルトな広告
  • 読み込みが遅い
  • 画質が悪い
  • 違法サイトなので気持ち悪い

  • というデメリットがたくさんです^^;


    評判も調べて見たところ、実際にウイルス感染した方もいらっしゃいました。

    まとめ

    落語を愛する登場人物たちが、時代に翻弄され、表現を制限されていた時代が描かれていた回だったので、観ていて苦しい場面もありました。

    好きなことを好きなようにやり、好きに表現できる今の時代は本当にありがたい時代なのだとも感じます。

    次回も楽しみにしています!

    スポンサーリンク

    こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.