赤ちゃんのルームシューズは必要?生きる力を本当に強くする方法とは?


こんにちは。
1歳を過ぎると少しずつ歩けるようになってくる赤ちゃんたち。

歩けるようになって一安心!

これからは自分でどんどん歩いてくれるから嬉しいですよね。

ところで、赤ちゃんはルームシューズって履いていますか?

そもそも必要なのでしょうか。

また、赤ちゃんが歩く上で生きる力をつけるにはどのような方法があるのでしょうか。

今回は子育て支援スタッフさんからお聞きした話も交えながら、子育てに役立つ情報をお伝えします!

スポンサーリンク


赤ちゃんにルームシューズは必要?

赤ちゃんのルームシューズとは、今まで裸足や靴下で生活してきた赤ちゃんが突然靴を履くことに抵抗があるので、それを少しずつ慣らしていくための役割があります。

また、室内にいても防寒や足の保護にも役立ちます。騒音対策にもなります。

ルームシューズの種類もいろいろあって、季節ごとに素材や長さも違うものがあります。

靴下と靴が一体化しているものもあり、ちょっとしたお出かけのときにも使えます。

靴下とは違い、底も安定してるので、よちよち歩きやつかまり立ちをし始めた赤ちゃんに大変便利です。

でも、赤ちゃんにルームシューズは本当に必要なのでしょうか。

それは ルームシューズの種類によって必要か必要でないか決まる!!とわかりました。

赤ちゃんに本当にオススメのルームシューズは何?

赤ちゃんにオススメのルームシューズでネット検索すると、
・デザイン
・素材
・靴底の滑り止め機能
・通気性
・ブランド

などが選び方のポイントとして紹介しているサイトが多い感じがしました。

素敵なルームシューズは山程販売されています。

でも私は赤ちゃん自身の心身に関係するルームシューズを求めていました。

私も1歳過ぎの娘がいます。
実際に支援施設で子育てに詳しいスタッフさんたちの話や本などから、ルームシューズの中でも本当に良い物を見つけることができました!

それが 草履です!

重要なのはは草履には鼻緒(足の指で挟む部分)がついているところ!

足の指で挟んで歩く草履特有のスタイルは、足の指の力を強くします。

それが土踏まずを形成につながり、
・転倒しにくい身体
・運動神経の発達
・姿勢が良くなる
・身体の歪み防止
・集中的アップ


などに役立ち、赤ちゃんの生きる力を強くするのです!!

もともと赤ちゃんは裸足でいることが大事だとよく言います。

裸足は自由に足の指を動かせることに関係しているとわかりました。

子育て支援施設で教わった裸足でいるメリットは、

 

 

 

 

 

 

裸足でいると自律神経が鍛えられ、血流も良くなり、
脳に良い刺激→心の安定に繋がる

体温調節も上手になる→体力がついて丈夫な身体になる

だから足の指を使う草履がオススメということですね。

足の指全体を覆ってしまうルームシューズは指が動かせないことから、歩きやすさや靴の練習履きなどには役立ちますが、指を強くする役割はあまり無いのかもしれませんね。

赤ちゃんのルームシューズとして役立つ草履もいろいろあります。

ルームシューズとしてだけでなく、もちろん外でも履けるので便利です。

滑りにくい・通気性が良い・洗いやすく乾きやすい草履がオススメです!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネコポス対象★ケンコーミサトっ子草履 子供用 (トリコロール)
価格:2268円(税込、送料別) (2019/3/12時点)




楽天で購入
 

 

まとめ

いかがでしたか?お役に立てる記事になれたら嬉しいです。

やっぱり昔からある草履ってスゴイですね。

草履の力は赤ちゃんの人生にも繋がっているなんて驚きました。

ぜひお子様の心身を強くし、生きる力を育てていくのに草履生活を始めてみませんか?

スポンサーリンク




 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.