鬼滅の刃第137話『不滅』ネタバレと感想


鬼滅の刃第137話『不滅』ネタバレと感想

 

とうとう、産屋敷の前に現れた無惨。2人はしばらく語り始めるが、それまでに産屋敷の命は守れるのか。

『語り合う無惨と産屋敷』

「ついに…私の…元へ来た…」「今…目の前に…」「鬼舞辻…無惨」「我が一族が…鬼滅隊が…千年…」「追い続けた…鬼…」という産屋敷の弱々しくゆっくり、しかしはっきりと無惨に語りかける。

無惨は産屋敷の今にも命が燃え尽きそうな姿に興醒めした、醜いと吐き捨てる。しかし産屋敷は話しを続ける。

『産屋敷と無惨のルーツ』

どうやら産屋敷と無惨の先祖は同じらしい。産屋敷の一族は無惨という怪物の鬼を出してしまったせいで、生まれてくる子供たちは皆病弱ですぐに死んでしまうという呪いをかけらていた。

一族がいよいよ絶えかけた時神主から助言を受け、その者を倒す為に心血を注ぎなさい。そうすれば一族は絶えないと言われます。代々神職の一族から妻をもらう事で、子供も死にづらくなったが、やはり三十年と生きられないそうです。

無惨は、そんな事は私には何の因果関係もないと語る。そして、「私には何の天罰も下っていない」「何百何千という人間を殺しても私は許されている、この千年神も仏も見たことがない」という無惨に対して産屋敷は、「君の夢は何だい?」「この千年間…君は一体…どんな夢を見ているのかな…」

『無惨の違和感』

語り合う中で無惨は奇妙な感覚に陥る。今まで目障りで殺したいと思っていた鬼殺隊の元凶である産屋敷を目の前にしても、憎しみが湧かない。それどころか懐かしさや安堵感すら感じる。それがとても気色悪い。

産屋敷が先程の問いに当てようか?と、自らが答える。「君は永遠を夢見ている…不滅を夢ている」無惨はその通りだ、そして間も無くそれも叶うと返す無惨。君の夢は叶わない、私は永遠が何か知っていると産屋敷が更に力強く語る。

「永遠というのは人の想いだ」「人の想いこそが永遠であり、不滅なんだよ」とてま柔らかな表情で語る。鬼殺隊千年間なくならなかった。その事実こそが、人の想いが不滅であることを証明している。

無惨は許されていると語ったが、誰にも許されていない、この千年間一度も。そして何度も何度も虎の尾を踏み、龍の逆鱗に触れている。本来ならば一生眠っていたはずの虎や龍を起こした、彼らはずっと君を睨んでいる、絶対に逃がすまいと。と、語るバックには柱達と炭治郎がこちらに目を向けている。

『鬼の弱点』

「君が死ねば全ての鬼が滅ぶんだろう?」と、産屋敷が問うと、無惨の表情は一変して空気も変わった。「黙れ」と、睨む無惨。最期にもう一つだけと、僕が死ぬことは重要ではないが無意味なわけではない。僕が死ぬことで鬼殺隊の士気が上がる。

「話しは終わりだな?」と爪をメキメキと剥き出しにする無惨。そして敵である無惨に産屋敷は「ありがとう、無惨」と告げる。

そして緊急招集!産屋敷邸襲撃!!と告げられで急いで向かう柱達と炭治郎。早く、速く!と、皆心配な表情で産屋敷の元へ急ぐ。果たして間に合うのか!?

第137話『不滅』感想

今回は、前話と変わってかなりシリアスなシーンで緊張感ありまくりでしたね。ほぼ無惨と産屋敷のやり取りが続く回でしたが、まさかの同じ先祖であるという事実。

2人にはそういった繋がりがあったんですね。そして遂に明かされる鬼の弱点。無惨を倒せば鬼は全滅する。そうなるとこれから柱同士がタッグを組み戦うシーンがもっと増えそうですね。

産屋敷の死をキッカケに柱同士が一致団結するというのは考えられますね。流石に産屋敷はダメかもしれませんね。

あと、今回で気になったのは産屋敷と柱達の繋がりですね。キレキャラの不死川実弥ですら血相を変えて産屋敷の元へ急ぐシーン。産屋敷本人も幸い柱達には慕ってもらっているといセリフもありましたしね。

この辺は、過去編みたい感じで深くやるのかな。来週も目が離せません!!

 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.