僕のヒーローアカデミアNo.208『第4セット決着』ネタバレ&感想


僕のヒーローアカデミアNo.208『第4セット決着』ネタバレ

爆豪チーム対取蔭チームの対決。鎌切の攻撃でピンチになった耳郎を助けた。実は第4セットの前に爆豪は耳郎に言っていた。「てめぇらが危ねェ時は俺が助ける」

いつも自己顕示欲が強いの爆豪の行動に「キャラを変えたっていうのか!」と、物間も驚愕。だか、同じクラスの上鳴は意外とそういう奴だ、という認識だった。それでも「身を挺すようなわかりやしーのは」「確かに始めて見るかもな」とやはり変化はあるようだ。その変化にとデクも気付いてる様子。

耳郎は爆豪にありがとうと、礼を言った。

爆豪は「授業だろーが何だろーが関係ねェーんだよ」「決めてんだよ、俺は。勝負は必ず完全勝利! 4対0無傷これが本当に強え奴の勝利だ
ろ!」そこで更に爆豪チームの士気が上がる。

その一方で、取蔭たちの作戦は「まともに闘ったら絶対に勝てない。だから捕らえ損なったら退こう。何度も何度も待ち伏せの優位を保ち続ける」

爆豪の行動・命令に他が合わせるワンマンチーム。ストレスを与えて爆豪のミスを誘発できれば向こうは後手後手のグダグダのチームになる、と予想していた。

仕切り直す相手チームに「なめやがって…行くぞ」と仕掛けに行く所を作戦通り待ち伏せしていた泡瀬にカウンターを食らう。「早業着工 ウェルドクラフト!! 竣工」

爆豪が柱にくっつけられたところをすぐさま力道が助ける。

「任せるぞ」と、泡瀬を耳郎と瀬呂に任せ爆豪は取蔭を追った。

「任された! ハートビートサラウンド」耳郎と瀬呂の連携で泡瀬を耳郎が確保した。

爆豪は4セットの前にこうも言っていた。「俺が危ねえ時は、てめえらが俺を助けろ」

取蔭を追う最中爆豪は凡戸を見つけ攻撃したところを力道がすかさず確保した。

取蔭の予想の遥か上をいかれた。「なんという迅速な連携。何この完璧なチーム!!」

瀬呂たちは取蔭の体を分割し再生能力が無尽蔵ではないと推測していた。疲れてくればきっとパーツは本体に戻してるのではないか?と。

依然と突き進む爆豪の前に鎌切が立ちはだかるも「爆破式カタパルト!!!」と一蹴。

取蔭の体がもとにもどろうとするところを爆豪は狙っていた。「ゼロ距離閃光弾!」「あんた変わりすぎなんだよ」と取蔭は言って確保された。

「…変わってねえよ。昔も今も俺の目標はオールマイトをも超えるNo.1ヒーローだ」と決めセリフを吐き、終わってみれば爆勝!!

今回の感想

いやーまさかの爆豪の成長ぶり。お互いを信頼してるからこそのチームプレイが輝きましたね。

どう見てもディランじゃね?という爆豪のキャラがツンデレキャラに見えてきました。

ただ本人曰く昔から変わっていない。つまり個の超越とでも言いましょうか、その方が勝てる。強くなれると判断すればチームプレイだろうが何だろうがやってやるという事ですよね。

来週からはいよいよデクチームの出番です!楽しみですね!!

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.