ハイキュー331話【エースのめざめ】ネタバレ&感想


ちハイキュー331話【エースのめざめ】ネタバレ

 

中学、一生懸命やった、言われたことをやった。

赤葦は中学時代を思い返す。
中学時代怒られない為のプレーをしていて、バレーは好きでも嫌いでもなかった。

そして、高校進学を決めるとき偶然ある試合を見た。

 

その試合が梟谷の試合だった。
スパイクを決める、木兎を見て漠然とスターだと思った。

それが木兎との衝撃的な出会いだった。

そして赤葦は、梟谷に進学することを決める。
そしてバレー部に入部し、さっそく木兎に声をかけられる。

「ちょっとだけスパイク練習付き合ってくれない?」もちろん赤葦はそれに答えるが。

ちょっとじゃねぇ。

そう思う赤葦だったが必死に練習に付き合う赤葦に
木兎は笑って言ったのだ。

お前のトス最高だぜ!!

これを聞いた赤葦は、ストレートに人に褒められるってすごい嬉しい、と思った。

そんな赤葦は、他の先輩に「木兎から逃げたくなったら言え」と言われたが、赤葦はそれにこう答えた。

「あ、大丈夫です。スター選手と練習するの楽しいです」

それを聞いた部員たちは、こいつも意外と変人だと、思った。

木兎さんは「本気には本気で応えなくては」と思わせる人だと思う。そう考える赤葦は、木兎に付き合わされる練習も不思議と嫌ではなかった。

赤葦は、梟谷に来て良かったと思っていた。
しかし、赤葦は、試合開始からプレーがうまくはまらない。

そんな状況を臼利はこう思っていた。

相手に大きくリードを許し エースの攻撃は決まらない 対して相手のエースは絶好調 せめて相手を出し抜く1本が決まれば 反撃の狼煙となる って思うタイミングちゃね。

臼りはことごとく赤葦の攻撃をメンタルごと読んでいたのだ。

赤葦は更に思う。

有能なスパイカーが居るにも関わらず そのチャンスを奪った結果失点。セッターのツーアタックでの失点は大罪。

そして試合を見ていた研磨が分析をする。
臼利がわざと簡単なサーブを打ち、梟谷の攻撃を絞らせて誘導していたのだと。

臼利はコートで仲間に声をかける。

「順調やな!」

あとはトスが乱れてくれたらバッチリなんやけどなー!

そう思う、臼利を見ていた狢坂のメンバーは、そんな彼に向かってこう思っていた。

「臼利ってハツラツと性格が悪い」と。

そして更に臼利の読みは当たり、赤葦のトスが低くく、ボールはチャンスボールになって返ってしまった。

そして、わざと同じ攻撃で返すことで赤葦を更に追い込む。

しかし、それをブロックしたのは木兎だった。

ブロックにあたった事で、上手くレシーブが出来たボールはそのまま木兎によって、狢坂コートへと強烈なスパイクになって返っていく。

身が竦むような攻撃。

しかし、狢坂は内側へボールを送り込ませるような、”対木兎シフト”の動きを見せる。そこで木兎はアタックの瞬間思った。

じゃあ超インナーをくれてやる。

打ち込んだ内側の際どいボールは、するどくコートへ刺さる。

そんななか、木兎は梟谷のメンバーにこう言った。

「俺は今まで「皆のおかげのエース」だったけど あと何日かでお前らとはお別れだから、いい加減ただのエースになるよ」

木兎のは真っ直ぐな目をしていた。

今回の感想

まず、シンプルに木兎めちゃくちゃかっけーーーっていうね!やはり普段ゆるくやってるやつが締まるような展開は個人的にかなりツボですね。これで両エースの本領発揮というところでしょうか。

セッターとしては今のところ狢坂に軍配が上がっていますが、もちろんここもそのままでは終わりませんよね。

ますます今後がきになりますね!

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.