ハイキュー第329話『全国三大エース』ネタバレ&感想


ハイキュー第329話『全国三大エース』ネタバレ

いよいよ始まった狢坂高校対梟谷高校の一戦。さっそく狢坂高校率いる全国で3本の指に入るという桐生に強烈な一発を食らう。果たして今回はどのようなゲーム展開になるのでしょうか?

『超高校級の背負う覚悟』

超高校級のパワーを持つエース桐生。パワーだけでなくジャンプ力も凄い、と研磨も認める程。パワー系全国三大エースの異名を持つ桐生にとんでもないイメージをする研磨。「そんな人のスパイク触ったら腕ハジケんじゃんグロ。」と、何故か虎がレシーブしにいって手がパァンと弾けるイメージ画が。

そんな桐生も全国中学生大会の時にチームから絶大な信頼を得ていた。試合前夜プレッシャーを感じながら夜遅くまで次の日のイメトレに励む桐生にチームメイトが、「大丈夫や、桐生八は日本一のエースやけん。」そして、次の日の試合健闘するも敗れた桐生のチーム。そこで試合終了後に、「俺ら皆八っちゃんに頼り過ぎちょった。ごめんな、ごめん。」

桐生は謝らないでくれ。足りなかったのは自分自身とばかりに、涙を流しながらチームメイトに言葉を返します。「全部呼ぶけん、全部打つけん」「謝んでくれ」

『木兎絶好調?』

そしてシーンは試合中に戻り、再び桐生の元にレシーブが返される。決して打ち易いトスではなかったが、自身で助走の仕方を変えてしっかり得点を決める。通常スパイクを打つには2歩助走か3歩助走が普通だが桐生は咄嗟に助走を1歩助走に切り替えて、低くなってしまったトスに合わせたのです。悪球打ちの桐生という、異名まであるらしい。

そして、最後のシーン木兎が無我夢中で桐生のスパイクを追うが前に出すぎてしまい、アンダーもオーバーも無理。咄嗟に出たのが胸トラップ。「ナイスレシーブ」と自分で言い放ち今回は終了。

今回の感想

前回気になっていた臼利は目立った動きはなかったですね。逆に益々気になりますね。という訳で今回は桐生メインで話しが展開していきました。

キャライメージ的にはデッカくてパワーある感じかと思っていたら中々どうして器用さも兼ね備えてるというキャラで驚きですね。悪球打ちの桐生と呼ばれるだけありますね。

そして桐生のあの過去編は個人的にかなりグッときますね。ああいう繊細な心境とか描くの、めちゃくちゃ上手な漫画なので見るたびに感情移入してしまいますね。まだ手に汗握るという展開ではないので、最後の木兎を見てもそうですが、これからもっともっと楽しませてくれそうですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめです٩( ˙ω˙ )و


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.