君の名は。の舞台(聖地)はどこ?岐阜県飛騨が糸守町のロケ地?

こんにちは〜ぺんぎんです。


仕事上、いろいろなところに飛び回るので
福岡だけでなく東京、名古屋、大阪と
いろいろと転々としております。


今月はイタリアにもいくので
移動距離がとんでもないことになりそうです。
わくわくです。


出張するタイミングが
毎回台風に直撃する直前なので
台風から逃げる女としても活動中です。



そんな福岡からの台風に逃れた東京で
今話題の 君の名は。をみてきました。


細川監督の映画である
おおかみこどもの雨と雪や
バケモノの子と同じように
実際の街並みがでてくるので

あ!この街知ってる!

と見ていて楽しくもなりました。


私の地元名古屋にも近い、
岐阜県も出てきてましたね。
飛騨の街もでてきました。


糸守町のモデルとなったエリアが
とても気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


君の名は。の舞台(聖地)はどこ?





東京に住んでいる高校生瀧と、
糸守町という田舎に住んでいるみつはの物語です。


それぞれのシーンが
交互にでてくる構成になってます。


映画では、瀧が住んでいる町は東京で
みつはは岐阜県に住んでいる

ということがわかりますが
実際にモデルとなった場所は
全国転々としています。


最後に二人がであった
感動的なシーンは 須賀神社。

こちらは@東京の四ツ谷駅近くにあります。
別記事で書いたのでご覧ください★

須賀神社のアクセス方法や駐車場情報!君の名は。の聖地で話題

2016.09.06


ここは都心でアクセスもいいので
聖地巡礼するには
一番行きやすい場所ですね。


あの花の舞台になった
さいたまの秩父も
聖地巡礼する方が多くて
観光業がもりあがりましたが

今回の君の名は。も同じく
聖地巡礼をすでにスタートさせている方も
少しずつ増えているという情報もありました。



以前までだったら、
聖地巡礼までするなんて・・・
と思っていた筆者ですが
今回そう思っていた過去の自分を
猛烈に反省しました。


映画を実際にみてみて
深く感動してしまった身としては

アルバカさん
君の名は。の聖地に行ってみたい!

という気持ちが
とても強くなってます。



なんでかな〜と理由を考えてみたんですが、
君の名は。の世界観に
圧倒されてしまったというのが
一番の理由かなと思います。


アニメとはいえ、
映像がめちゃくちゃ綺麗だったんです。


めちゃくちゃリアルに描かれていたので
実際にその場に瀧やみつはが行って
撮影をしている錯覚にも陥りました。

アルバカさん
二次元が三次元かする感覚や・・・

という体験を初めてしましたね。



キャッチコピーをつけるとしたら
二次元が三次元を超える日
ってかんじです。


踊る大捜査線のロケ地として有名な
レインボーブリッジにみんなが行きたがるように
君の名は。のロケ地にいって
この感動を再現したい!という気持ちが
ふつふつとわいてきています。不思議です笑


あの花は正直あまりしっかりとみていなかったので
そこまで共感できなかっただけだったんだな
と君の名は。を見て感じました。

スポンサーリンク



岐阜県飛騨が糸守町のロケ地?


今回、おそらく映画をみた方が一番きになるのは、
みつはの住んでいる町、 糸守町ではないでしょうか。


実際に糸守町とグーグル先生に聞いてみましたが、
君の名はの情報がでてくるだけで
具体的な地名としての検索結果はなし。

ということで、筆者は、
日本に糸守町は存在しないと判断しました。


ただ、みつはは岐阜県に住んでいる
ということは映画で明らかにされていたので
ここは何か関連があるのでは・・・
ということでグーグル先生ではなく
ツイッターで情報を探してみました。



こういうロケ地って、
地元民がみたら一発で

あ、あそこだ!

ってわかることのほうが
実は多いんですよね。



映画のエンドロールでも
具体的な場所って示されてませんが
地元民からしたら
一目瞭然なんです。


特に自分の地元が
こういう話題作に取り上げられたりしたら
SNSで発信したくなるのが人間の性。


・・・という理論をもとに
Twitter検索をかけてみたところ・・・
見事にひっかかりました!


参考になりそうなツイートがこちら。


みつはのお家である宮水神社は
飛騨山王宮日枝神社。


■飛騨山王宮日枝神社
〒506-0822 岐阜県高山市 城山156



糸守町の街並みは、
宮川町落合周辺。


■糸守町の街並み
〒509-4415 岐阜県飛騨市宮川町落合


そして・・・
御神体があるといわれている湖は
諏訪湖。



諏訪湖って、
諏訪湖の近くにも 諏訪大社というところがあります。




この諏訪大社、
高校時代の部活の合宿で
朝ラジオ体操しに行ったところです〜・・・

まさかこんなところで
諏訪大社を思い出すとは・・・。



瀧が住んでいる東京も
新宿エリアなどがロケ地になってます。


最近できたバスタも登場していて
たまたま新宿で映画をみていたので
すぐ近くやん〜〜〜
とみながら考えてしまいました。

後から行こうと思いましたが
ちょっとめんどくさくなったので
実際は行きませんでしたが・・・w



瀧の高校は東京からぶっとんで、
広島の高校のようです。



こういうロケ地って、
監督さんが決めているんでしょうが
空想でも描けるところを

実際の場所とリンクさせているところに
何か意図があるのかな〜なんて
深く考えてしまいます。



神社なんかは
日本の古事記や神話とリンクしていたりするので
実在する神社をモデルにしているということは

神社の神話を君の名は。にも
盛り込んでいるのかな〜〜〜〜
って気になり出したら


・飛騨山王宮日枝神社
・諏訪大社



ともに、
どんな神話があるのか
調べてみたくなりました。


みつはの高校の授業でも
「黄昏時」
という話がでてきてましたしね。


なんだかいろいろと構想してしまうような
奥深い映画でした。


別記事で考察についても
まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です