香取慎吾の絵の作品まとめ!評価が高いって本当?画家に転身の噂も!

こんにちは〜ぺんぎんです。


映画の君の名は。を見てから
RADWIMPSの音楽ばかりを
エンドレスで聞いております。


ちゃっかりiTunesで
RADWIMPSのアルバムを
購入しちゃいましたしね。


でもよくよく聞いてみたら
サウンドトラックがメインだったという・・・

サウンドトラックも好きですが
やっぱり野田くんの声がある方がすいとーとです。
(博多弁)


さて、深夜寝れなくってネットサーフィンをしていたら
SMAPの香取慎吾さんが引退して画家になる?
という記事をみつけちゃいました。


眠くなるためにネットサーフィンしていたのに
また目が覚めてしまいましたよ!


草間彌生さんもかなり評価しているという
香取さんのイラスト。


どんなくらいすごいのか、夜な夜な、
過去のイラストの作品を探してみました。

スポンサーリンク

香取慎吾が芸能界引退で画家に転身?


SMAPの解散報道がでたのは
2016年の初めなので
その頃から考えると
もう半年くらい経過しましたね。


最初は衝撃でしたが
いろいろな事情が明るみにでてくるにつれて
アルバカさん
SMAPも解散か〜〜
と徐々に受け入れられ始めてる雰囲気があります。


いまだにメディアは
SMAPの解散ネタについて言及されてますが
確かにSMAPが解散した後の
メンバーの動向も気になるところ。


中でも一番興味があったのは
香取慎吾さん。



こんな情報がでちゃいましたから・・・。


筆者はあまり知らなかったのですが
以前から香取さんは、
絵描きとしての才能を認められていたようで
本人もそのことを悪くは思っていなかったようなんです。


いったいどのくらいの腕前なのか?
過去の作品を調べてみました。

スポンサーリンク


香取慎吾の絵の作品まとめ!


ざっと探してみて
でてきた画像を紹介していきます。


シルクドソレイユの卵



以前めざましテレビの企画で、
卵に絵を書かれていました。


幸せの時間



スマ新ハイスクールというもので
香取くんが書いた「幸せ」の定義。


シルクドソレイユ



シルクドソレイユをイメージして
香取くんが2ヶ月かかって作成した大作。


パラリンピックサポートセンターの入り口




スマスマメンバーの絵



通称、闇の絵といわれているみたいですw
ムンクの叫びのような雰囲気ですね。


草なぎくん



いいとも時代にかいた
しんごちゃんの仲良しさんである
草なぎくん。


1日で書いた絵




スマスマで公開された絵






・・・と、ざっと探してみたところ
いくつか作品がでてきました。



以前にも香取くんは
イラスト好きを称して
本も出されていましたよー!


タイトルは、しんごのいたずら。




しんごくんは草間彌生先生が大好きとのことで
若干意識しているのかなーって思いました。




特に色使いの部分。


カラフルであって
さらに強い色をチョイスする草間式。


一発で、
アルバカさん
あ!これ草間さんじゃない?
と分からせてくれるのは
ある意味草間さん自身のカラーが
でているからってことですよね。



現代アートのよしあしって
素人目線からはどうしても評価しにくいですが

草間さんのように
草間カラーを全面にだしてくれていたら
ブランドとして通用していくものなんじゃないのかなあ
と筆者は感じています。



結局芸術っていうのは
どれだけの方がファンになれるのか?
というところも大きいと思うので、

草間さんのような
自身のカラーを表現できるアーティストは
現代アートでも評価されているのかもしれません。


香取慎吾さんの絵は評価が高い?


少し話が脱線しちゃいましたが
慎吾くんの絵が評価が高い
とされていることは

・芸能人だから評価されやすいのか?
・芸術としても評価されうるものなのか?


このどちらかの評価なのかを
まずは見極めなければいけないかなと思います。



芸能人なのに絵がうまい

という色メガネでみてしまっているうちは
正当に絵の評価ってつけにくいと思うんです。



以前に水嶋ヒロさんが、
小説家で賞をとったときは
水嶋ヒロという名前を隠して
「齋藤 智裕」という名前で挑戦されていました。





慎吾くんも、本当に引退して画家としてやっていくのであれば
才能の真価が問われてくると思うので
一度香取慎吾の名前を捨てなければいけないかもしれません。



もちろん、香取慎吾の名前で活動する権利は、
今までかなり頑張ってきたわけですから
慎吾ちゃんにもあるとは思いますが

今まで美術やアートの道一本でやってきた方からすると
あまりおもしろい話ではないでしょうからね(´・ω・`)


そのあたりをどう付き合っていくかが
今後の鍵になるのかなーと思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です